理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の違い

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士とはどんな仕事でしょうか。

理学療法士PT

理学療法士は、医師の指示のもと、病気や事故などで身体の一部などに障がいを追ってしまった人、また身体機能が衰えた高齢者の運動能力の回復を目指します。

 

作業療法士OT

作業療法士も、リハビリテーションの仕事の一つですが、理学療法士よりももっと日常生活に近い動作の回復・維持・悪化予防などに努めます

座る、立つなどの基本機能(体の大きな動き)の回復をサポートする理学療法士に対し、作業療法士は手芸や工芸などで指先の動きなどの細かな動作のリハビリテーションを行うことが多いです。

 

高齢化が進む現代社会においてこれらの職業のニーズは高まっており、病院やリハビリテーションセンターなどだけにとどまらず、自治体や公務員、教育現場や、スポーツセンターなど幅広く活躍しています。

 

ザックリ言うと、理学療法士が足のリハビリ作業療法士が手のリハビリなんていう言い方もされることがあります。

 

言語聴覚士ST

言語聴覚士は、様々な理由で話したり聴くことが不自由な人に対し、言語能力や聴力能力を回復させるリハビリテーションを行います。

 

 

理学療法士作業療法士になるには、3年以上の専門学校か大学に通わなければならず、勉強は正直大変です。言語聴覚士は大卒の人は2年過程で取得できます。

しかし給与面ではそこまで待遇が良いというわけではありませんので、お金だけにやりがいを感じるタイプの人は向かないかもしれません。

どちらかというと、「人にありがとう」と言ってもらえることに喜びを感じることができる人に向いている職業ですね。

 

 

いずれにしても、やりがいは大きい仕事ではありますし、まだまだニーズは高いみたいですので、これから目指す方にはぜひ頑張ってほしいですね。